シネマ・ダイアリー

アクセスカウンタ

zoom RSS シネマ・ダイアリー TV映画感想

<<   作成日時 : 2018/01/13 14:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

 今年もキネマ旬報のベスト・テンが発表されました。日本映画、外国映画ともに一位は、既に見ていましたが、まさかという感想でした。石井裕也監督は只今、絶好調ですね。他に「あゝ、荒野」、黒沢清と是枝裕和監督作も見るのを楽しみにしています。(DVDですが)外国映画では戦争映画「ダンケルク」とミュージカル「ラ・ラ・ランド」も楽しみです。余り、採点に高評価は与えられない予感ですが。ともあれ、これで当分視聴に困らなくて済みます。古い映画にはやや飽いてきた処ですので。
 ところで、最近キャロル・リード監督のベスト・テン作品が二本見れましたが両方とも秀作で、遅かれどファンになりました。もう一本、テン入り作品「文なし横丁の人々」が見れれば幸いです。ソフト化を待つより他ありません。他に篠田正浩の「あかね雲」、ルイ・マルの「私生活」も見たい処ですが、ジャクリーヌ・ササールの「三月生れ」で彼女の魅力に浸った私としては、これはこれで満足です。さて、今年はどんな名作、秀作の映画が見れるでしょうか。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シネマ・ダイアリー TV映画感想 シネマ・ダイアリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる