シネマ・ダイアリー

アクセスカウンタ

zoom RSS シネマ・ダイアリー TV映画感想

<<   作成日時 : 2018/01/19 17:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

 シネマ・ダイアリーもこの2月で6年目を迎えます。このうち、最も好評だったブログを載せておきます。
 「モンパルナスの灯」☆☆☆★★
画家モジリアーニの伝記で、G・フィリップが好演。A・エーメも綺麗。
 「あゝ野麦峠」☆☆☆★★★
信州の製糸工場の女工たちを描いたドラマ。さすがは山本薩夫監督。
 「それでも夜は明ける」☆☆☆★★
米国の黒人奴隷の生活を描いたシリアス・ドラマ。アカデミー作品賞。
 「花いちもんめ」☆☆☆
認知症を扱った作品で、主演は千秋実。
 「アイアン・ホース」☆☆☆☆
J・フォードが米国の大陸横断鉄道の建設を描いた西部劇。インディアンも出て来る。
 「ハリケーン」☆☆☆☆
南の島を舞台に男女の愛やハリケーン等、見所いっぱいの娯楽大作。
 「ペイネ 愛の世界旅行」☆☆☆★★★
カップルが世界一周の旅に出るメルヘンのアニメーション。E・モリコーネの音楽もロマンティックでいい。
 「ブリタニア・ホスピタル」☆☆☆
英国流のジョークに満ちた作品で、M・マクダウェルも出演。
 「決闘 高田の馬場」☆☆★★★
チャンバラ映画とは初お目見えだが、阪妻の軽業の立ち回りには驚いた。
 「リリー」☆☆☆★★★
このファンタジー映画の良さは、主演のレスリー・キャロンの個性による。
 「あなたへ」☆☆☆
高倉健さんの遺作となった降旗康男監督作だが、あまり乗り気もしなかった。
 「北のカナリアたち」☆☆☆
吉永小百合主演、気鋭の若手が出演する湊かなえの原作もの。期待どおり。
 「恋の手ほどき」☆☆☆
L・キャロンがGIGIを演じるハリウッド・ミュージカルだが、V・ミネリ監督ではつまらないので、途中迄が限度。 
 
過去のブログを見る時は、右側のカレンダー下の「表示したい月を選択」を押して下さい。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シネマ・ダイアリー TV映画感想 シネマ・ダイアリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる